子犬受取り時のチェックポイント|子犬販売アットブリーダー

子犬受取り時のチェックポイント

子犬販売アットブリーダーHOME > 子犬を迎える前に > 子犬受取り時のチェックポイント
始めての旅行は、負担の少ない方法をご相談して決定します。

●負担が最小限となるよう、時間・距離・温度などを考慮し決定します。
●空輸の場合、実際のフライト時間は日本全国で平均1時間半程です。
 長時間に及ぶ他の輸送方法と比較して負担が少ないといえます。

            子犬のお届け方法の詳細はこちらをご覧ください。

子犬の受取り時のチェックポイント
子犬の受取り時のチェックポイント
お受け取り後、すぐに次の項目をチェックしましょう。

さあ、ワンちゃんとのご対面です。
下記の項目は、専門家でなくても、誰にでもチェックできるものです。ご自身の目で、ワンちゃんの健康状態をチェックしてください。

下記に問題がなければ、まずは一安心です。慌てる必要は全くありませんが、異常を感じられた場合は、その場で当店担当者へご連絡ください。状況を良くお聞きし、対処方法をご説明いたします。

  • 犬種、性別、毛色などの確認。
  • 輸送中に便をしている場合、下痢気味でないか。(多少軟らかいのは問題なし。)
  • 元気があるか。ぐったりしていないか。(多少恐がるのは普通です。)
  • 耳の中が汚れていないか。臭いがしたり、痒がっていないか。
  • 爪切りはされているか。前足4本、後ろ足4本か。(狼爪は別)
  • 鼻水が出てないか。(ふき取っても何度も出る場合は注意。)
  • 肛門はきれいな状態か。痒がってお尻をこする素振りを見せないか。
  • 目ヤニは出てないか。(涙やけは問題ありません。)
  • フケが出ていないか。痒がっていないか。(乾燥期はフケが出ることもあります。)
  • ハゲがあったり、湿疹があって、痒がっていないか。
  • 口臭はないか。歯茎や舌はピンク色か。
  • 異常に首を振ったり、ふらふら歩いたりしないか。
  • 触ると痛がるような素振りを見せる箇所はないか。
※専門的な判断が必要なチェック項目については、当店が事前にブリーダーに確認済です。
 [例:泉門(通称ペコ)の開き具合]

※バスケットの中が汚れている場合は新聞紙又はトイレシートの交換をしてください。到着後、給水をお願いいたします。輸送の疲れで血糖値が下がっている事もありますので、甘みのあるポカリスエットやアクエリアスを与えると良いです。出来れば給水器の飲み口をお持ちいただき、取り付けて飲ませてあげてください。

※バスケットにワクチン証明書や血統書が貼り付けられている場合、大切に保管してください。

子犬の受取り時にご用意いただく物
子犬の受取り時にご用意いただく物
●空輸及び陸送でお受取り場合

   1.飲み水(水道水または、アクエリアス。ミネラルウォーターは×)
   2.給水器の飲み口
   3.濡れタオル・バスタオル・ティッシュペーパー・ビニール袋(オシッコやウンチの処理用)
   4.交換用オシッコシート
   5.携帯電話−当日の連絡は携帯で行います必ずお持ちください。
   6.運転免許証などの身分証明書−受取の時に提示を求められます。

 ※子犬の入っているバスケットは、ご返送いただく必要はございません。
 ※バスケットに入れたままお連れください。お二人以上で車でお迎えの場合は、バスケットから
 出して抱っこしてお連れください。その方が車酔いしにくいと思います。


●犬舎や待ち合わせ場所での手渡しの場合

   1.キャリーケース(バッグ)の中にオシッコシート敷いたもの
   2.バスタオル
   3.交換用オシッコシート
   4.ティッシュペーパー・ビニール袋(ウンチ等の処理用)
   5.携帯電話−当日の連絡は携帯で行います必ずお持ちください。

※キャリーケース(バック)を必ずご用意ください。
※お二人以上で車の場合は、抱っこしてお連れください。その方が車酔いしにくいと思います。


ページトップへもどる
関東優良ブリーダーの販売情報 全国優良ブリーダーの販売情報 関西優良ブリーダーの販売情報
Copyright(C)  子犬販売アットブリーダー All Rights Reserved