2013年9月動物愛護法の改正について|仔犬販売アットブリーダー

動物愛護法の改正について

子犬販売アットブリーダーHOME > 販売システム > 動物愛護法の改正について
2013年9月 動物愛護法の改正について

2013年9月 動物愛護法の改正について

動物愛護法が改正されました。

2013年9月1日、「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」が施行されました。

PADOGグループは、今後も法律を徹底遵守し、皆様方に良質なワンちゃんをご紹介して参ります。

ワンちゃん購入にあたっては、下記の項目を必ずご確認いただきますようお願いいたします。

1.子犬を購入される場合は、ご見学が必須となりました。

今回の改正で、動物販売業者へ「現物確認」と「対面説明」が義務付けられました。
それに伴いお客様には、ご契約前に必ずワンちゃんをご見学いただき、ワンちゃんの状態や飼養方法等について説明を受けていただく必要があります。
ご見学をいただけない場合は、ワンちゃんをご購入いただく事ができません。

2.お引渡しは生後50日以降となります。(2016年9月1日より)

PADOGグループでは、早期の引渡しは、子犬の社会化に重大な影響を及ぼす事から、法律改正前より、生後50日以降のお引渡しを徹底して行って参りました。
今後も法律を遵守し、生後50日以降のお引渡しとさせていただきます。
尚、ブリーダーによっては、生後56日以降、生後60日以降等、独自の基準を設けている場合もありますので、お引渡しの時期につきましては個別にお問合せをお願い致します。

3.子犬の繁殖者情報の報告が義務化されます。

PADOGグループでは、法を遵守した「売買契約書」を通じ、子犬の繁殖の氏名又は名称、動物取扱業登録番号又は所在地をお客様に報告いたしております。

Q1.絶対に見学しないといけないのですか?

はい。ご見学いただけない場合は、子犬を購入いただく事ができません。
これから永い時間を共に暮らす大切な家族です。どんな環境で生まれたのか?どんなブリーダーさんの元で育ったのか?近場のペットショップで妥協するのも良いかもしれませんが、少し遠くても健康な子犬を家族に迎えたいものですね。

Q2.遠方のブリーダーの犬は購入できなくなると言う事ですか?

いいえ。例え遠方のブリーダーであっても、現地までお越しいただき、ご見学いただいた場合は購入する事が可能です。子犬のお迎えについては、後日空輸等でお届け対応する事も可能です。
最寄り駅からの送迎等、出来る限りの協力をいたしますので、旅行気分で大切なご家族候補とのご対面!と言うのはいかがですか?

Q3.購入したい子犬がいます。すぐに見学にいけない場合はどうすれば良いですか?

PADOGグループでは、「生体取り置き制度」を用意いたしておりますので、詳しくは担当にご確認ください。日数に限界はありますが、ご見学の日までご希望のワンちゃんを取り置く事が可能です。
見学日までお気に入りの子をキープできますので、遠方からお越しいただくお客様にもおすすめです!※子犬によっては適用できない場合もございます。

Q4.希少犬を探しています。近場で見つからない場合はどうすれば良いですか?

遠方であってもご見学をいただく以外に、購入いただく方法はございません。
全国的に見ても数少ないチャンスですから、遠方であっても是非見学をご検討ください。最寄り駅からの送迎等、できる限りの対応をいたしますのでご相談ください。

Q5.見学に行ける範囲で子犬を探したいのですが?

地域別に販売中の子犬情報を確認いただく事が可能です。 →地域別子犬検索

Q6.車を持っていないのですが、電車での見学は可能ですか?

はい可能です。最寄り駅より担当が送迎いたします。ご遠慮なくご用命ください。

Q7.いつでも好きな時に見学できるのでしょうか?

いいえ。事前の予約が必要です。
当日のお申し出であっても、スケジュールによってはお受けできる場合もあります。
詳しくはこちらのページをご覧ください。 →ご見学について

 

ページトップへもどる
関東・優良ブリーダーの販売情報 全国優良ブリーダーの販売情報 関西・優良ブリーダーの販売情報
Copyright(C)  子犬販売アットブリーダー All Rights Reserved